転職サイトと転職エージェントの違いを解説

職務経歴書を知識0から最速で作成する方法!これを使えば一発解決!

この記事をご覧になっている方は転職活動が初めて、もしくは転職活動始めてみようかな?と迷われている方がほとんどだと思います。

そして色々調べていくうちにたどり着いたのではないでしょうか?

職務経歴書ってなんぞや?

 

はい。言いたいことは分かります。

就職活動の時に無かったクセに急に現れてドヤ顔している職務経歴書に戸惑いますよね。

 

面倒くさいから転職活動辞めよ〜なんて人もいるのではないでしょうか?

しかし今回は意外とすんなり職務経歴書って作れるんだよということを書いていきたいと思います。

では早速見ていきましょ〜

 

職務経歴書ってそもそも何?

職務経歴書とは、業務経験とスキルを確認するための書類です。

これまでにどのような仕事に携わり、どのような経験や技能を持ち、それをどう活かすことができるかを採用担当者に伝えることを目的として作られます。

A4サイズの用紙1~2枚にまとめるのが一般的です。

 

つまり、①就職後に何をしてきたのかをまとめて②自分はこんなことが出来ます。ということを書いていく書類なんです。

 

ポイント
  • 学生時代ではなく就職後について
  • キャリアやスキル、仕事内容について詳しく記入

 

職務経歴書のフォーマット・テンプレート

職務経歴書がどんなものなのか分かったところで、早速作成していきましょ〜

作成方法にはいくつか方法があります。

  1. 全て自分で作成
  2. フォーマットやテンプレートを見ながら作成

 

基本的に職務経歴書は履歴書と違い書式が自由とされており、もしかすると自分の色を一番出しやすい書類です。

下記の項目を中心に自分を表現しましょう。

  • 職務要約=あらすじ
  • 職務経歴=キャリア
  • 工夫・PR ポイント=活かせる力
  • 資格・スキル=活かせる力
  • 自己PR=アピール
  • 志望動機=意志

仕事でプレゼンテーション資料を作成する方や、まとめるのが上手い方は一から作成することで応募書類の段階で他の応募者とは違った評価を頂けるかもしれません。

 

しかし、そこまで自身がない人はフォーマットやテンプレートを見て自分なりに作成することが一般的です。

ただ、どの書式を使えば良いのか全く分からないという人も多いと思うので、一番簡単な方法を紹介していきたいと思います。

こちらを使えば80%程度はすぐに完成します。

 

職務経歴書を作るならリクナビNEXT一択!

職務経歴書を一から作るのはめんどくさいという人におすすめのサービスがリクナビNEXTです。

転職サービスを行っているサイトですが、転職サービスを利用しなくても会員登録だけすれば使えるのが職務経歴書の簡単出力サービスです。

 

リクナビNEXTに、プロフィールや職務経歴などを入力すると、入力された内容に従って自動で職務経歴書が作成され、Word形式でダウンロードすることが可能となるサービスです。

このフォーマットで出力された職務経歴書を使えば80%は完成したも同然です。

出力イメージ

リクナビNEXT公式ホームページ

 

でもなぜ80%?って思われている方もいらっしゃると思います。

理由は簡単、最低限の項目のみを表示している方です。

 

職務経歴書といえば、これぐらいのフォーマットでこれだけの情報は必要ですよという書類が完成したと思ってください。

もちろん出力された内容をご自身で変更することができるので、後の20%で自分の色を出していきましょ〜

 

リクナビNEXTでは履歴書も出力できるので、転職活動前に準備しておくと便利です。

 

  • 職務経歴書は出力後変更可能
  • 履歴書も合わせて出力!
  • リクナビNEXTと書類に記載されてない。

リクナビNEXT(無料)

 

職務経歴書に加えたほうが良い項目

もちろん必ず加えなければいけないという事はありませんが、このような形でまとめると面接でも答えやすいと思います。

  • 職務要約
  • 職務経歴詳細
  • 保有資格
  • PCスキル

    Word:文書作成、表作成など
    Excel:表、グラフ、関数(VLOOKUPレベル)
    PowerPoint:プレゼンテーション資料作成、アニメーションの活用
  • 自己PR
  • 志望動機
  • 活かせる経験・知識・技術
  • 今後のキャリアプラン

 

PCスキルは自分に合わせて変更してください。

志望動機に関しては、業界志望動機と職種志望動機、会社志望動機に分けて書くこともできるので好みに合わせて変更してください。

志望動機から活かせるスキル、今後のキャリアプランが繋がっているとより説得力が増していきます。

 

作った職務経歴書は添削してもらおう!

ここまでであなた自身の職務経歴書が完成しているもしくは頭の中で思い描いているものがあると思います。

その職務経歴書を添削してもらいましょ〜

 

リクルートエージェントやデューダに代表される転職エージェントサービスを利用すれば職務経歴書の添削を無料でしてくれます。

担当の方に相談するだけでなく、添削イベントも多くあるので参加してみることでより理解が深まります。


そのためにもエージェントを利用する前にリクナビNEXTを使って自分なりの職務経歴書を作成していくとスムーズにサポートしてもらうことが出来ます。

多くの転職者を見てきているのであなたに合わせてアドバイスをしてくれます。

 

まとめ

職務経歴書の作成にはリクナビNEXTが本当におすすめです。

自己PRが思いつかない方のためにグッドポイント診断も用意されているので合わせて利用すると自分では思いもつかない結果を診断してくれますよ。

 

転職者の8割以上が利用しているリクナビNEXTの機能をしっかりと把握して、無料サービスを使い倒してやりましょ〜

  • 職務経歴書は出力後変更可能
  • 履歴書も合わせて出力!
  • リクナビNEXTと書類に記載されてない。

リクナビNEXT(無料)

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。